カートをみる マイページへログイン ご利用方法・送料など お問い合せ お客様の声・レビュー サイトマップ

生らっきょう Q&A

Q&A

Q.「洗い」と「根付」の違いはなんですか?

A. 「洗い」はすぐに漬けられるように根と茎の部分を切り取り、薄皮も取り除いて、薄い塩水で洗ったものです。(塩漬けではありません)面倒な手間が省けてとても便利です。

「根付」はらっきょうの根と茎を1cm程度残してあとは切り落としたものです。薄皮や根も少し残ったままですが、らっきょうを好みの長さに切ることができます。首の長い本格的ならっきょう漬けをお楽しみいただけます。

Q. 買ってきたらっきょうはどのように保管すればよいですか?

A. なるべくならその日の内に調理してください。どうしてもできない場合は必ず冷蔵庫で保管してください。らっきょうは成長力が旺盛なため、冷蔵庫の中でも時間がたつと芽(芯)は伸びてきます。その時は芽を切り落として漬けてください。

Q. 漬けた後、らっきょうが軟らかくなるのはなぜですか?

A. 熟しきっていないらっきょうは、漬けた後軟らかくなってしまうことがあります。繊維質や細胞がまだ固く締まっていないからです。このような場合は早めにお召し上がりください。

Q. らっきょうを漬けた液が白く濁ってしまいました。なぜでしょうか?

A. 容器の中で雑菌が繁殖したためです。こうならないよう、使用する容器もフタも熱湯で十分殺菌してください。(耐熱容器がおススメです)また、なるべく冷蔵庫で保存してください。

Q. 漬けたらっきょうが茶色くなってしまいました。なぜですか?

A. 料理用の砂糖、ザラメ等の砂糖を使うと茶色に変色しやすくなります。純度の高い氷砂糖をご使用下さい。

Q. らっきょうを漬ける前に熱湯に浸すのはなぜですか?

A. らっきょうの殺菌と、漬けた後のシャキシャキ感を良くするためです。また、らっきょうは必ず熱湯にザブンと浸してください。上から熱湯をかけただけでは、らっきょう全体へ熱が均一にいきわたりません。らっきょうの量が多い場合は、熱湯の温度が急に下がりますので、このときは火を止めず、熱が均一に行きわたるようかきまぜてください。

Q. 使用するお酢はどのような酢が良いですか?

A. 純米酢、穀物酢、醸造酢などが適しています。黒酢でも大丈夫です。

Q. 調味液に蜂蜜をいれたいのですが?

A. 蜂蜜は砂糖とのバランスを考えて、好みにより適量入れてください。ただし、蜂蜜だけではらっきょうに十分な甘味が行きわたりません。砂糖と併用して下さい。

Q. 本漬けの場合、2週間も塩漬けをするのはなぜですか?

A. らっきょうを乳酸発酵させるためです。乳酸発酵することにより、らっきょうの「うまみ」が増してきます。独特のにおいが発生しますが途中でやめないでください。白く濁ることもありますが心配いりません。

Q. 本漬けの場合、塩漬けの後の塩抜き加減は?

A. らっきょうを噛んでみて、中心部に少し塩気が残るくらいです。らっきょうの塩分を抜くときは均等に抜けるよう、流水で上下をよく混ぜ、ホースが容器の底に届くまで入れてください。水量にもよりますがおおむね24時間はかかります。

Q. 漬けたらっきょうを長期保存したいのですが?

A. 漬けたらっきょうは、できるだけ涼しいところに保管してください。鳥取産砂丘らっきょうは6月上旬から中旬頃のものが適度に熟していますので、長期保存用におすすめです。

Q. 残った漬け汁の利用方法は?

A. 残った漬け汁はサラダ用のドレッシング、みりんを少々加えて、甘露煮として、また3倍酢と同じように、もずく、酢の物に使用されても結構です。カブ、ミョウガ、キュウリなどの野菜を漬けて、浅漬けでどうぞ。

Q. らっきょうを漬けるびんの大きさの目安はありますか?

A. らっきょう1kgで2リットルの容器、2kgで4リットルの容器が目安となります。

Q. らっきょうと酢の割合は?

A. らっきょう酢1本(1リットル)で、らっきょうを1kg~1.5kg、らっきょう酢2本でらっきょう3kgが目安となります。

Q. 商品の発送はいつですか?

A. 発送は6月の上旬から中旬となります。ご注文頂いたお客様から順次発送させていただきます。商品の入荷状況により、やむを得ず日付指定の変更を依頼する場合があります。また、入荷の都合上、出荷予定日のご連絡は行っておりません。発送日当日のご連絡となりますので予めご了承ください。

Q. 注文の受付開始はいつですか?

A. 年度によって開始の時期は異なりますが、4月中旬~下旬頃には予約注文の受付を開始致します。時期が近くなりましたら、ホームページ上でもご案内させていただきます。

ページトップへ